peiku

プロダクツマーケティング

 我が国のペット市場は「バブル崩壊」「リーマンショック」「コロナショック」にも影響を受けず、人とペットとの室内飼育の高まりにより成長し続けているマーケットと言えます。(※昨今の飼育動向では、犬が軽微な減、猫が右肩上がり傾向)

※コロナショックにおいては2020年5月のGWと巣ごもり期間が重なり、仔犬仔猫の販売数が前年を上回り、今後も期待が持てるマーケットと考えております。

【ペットマーケットの特徴】

一世帯当たりの飼育世帯数が伸びている(全国総世帯数5800万世帯中28%が飼育世帯)

・長寿高齢化により家族と接する期間が長い=愛情の深さが消費へ転嫁される。(逆にペットロスも同時に生まれた)

・ペット可賃貸住宅増による影響

・人とペットとの共生リテラシーが上がるにつれ「付加価値商品」「IOT商品」「長寿サポート」などが活況となる傾向があり、それに反して「どこにでもある商品」「見飽きた商品」などは価格競争に既に入っていることが特徴でもあります。

 貴社の技術またはサービスを活用して「ペット市場にない」「お客様が真に求めているもの」を商品化すること。また、ペット市場といっても下記の通り複雑化しており、飼い主の性格やデザインの好みによって細分化します。

※ペット → 犬 → 超小型犬/小型犬/中大型犬

         → トイレ → 室内限定

               → お散歩中

     → 猫 → 和猫/洋猫

         → アクティブ派

         → 活動がおっとり派

プロダクツマーケティングは、プロダクトマネジメントとは異なり、より外向きのマーケティング業務にも関わります。例えば、プロダクトマネジメントは社内のプロダクトデベロップメント(商品開発)の具体的な内容に関わるのに対して、プロダクツマーケティングは見込み客、顧客、その他のグループに対する製品のマーケティング活動にも関わります。つまりターゲット層を熟慮し出口戦略を見据えたうえで、何を開発したらよいかを引き出します。

【プロダクツマーケティングの5つの要件】

What:提供する製品(つまり製品展開の全貌)

Who:対象となる顧客 (つまり提供する市場区分の境界線)

Reach:製品を顧客に配送する方法(つまり流通方法や安定したビジネスモデルを形成できるだけの実行可能性はあるか?)

Price:製品を提供する価格

Introduce:顧客に製品を紹介する方法(つまり広告)

【ヒット商品を生み出す要件】

必要要件   → その製品に必要不可欠な要素や真に求めている顧客のニーズ(深層心理)

付加価値要件 → 他社製品との違いや強み+アニマル工学デザイン(動物の本能習性)など 

絶対要件   → 貴社で製品化する上での製造機械(マシン)およびプライス能性はあるか?

【過去実績】

【開発秘話】

①耐熱ガラスメーカーのフードボールペットマーケット進出支援において、日本のフードボール平均価格¥700から¥3500でヒット商品の仲間入り。

②クライアント企業の強みは女性用ブラジャーの縫製技術とワイヤー。当時工場視察の際にチワワのお尻が片方のブラがすっぽり収まると閃き、マナーパンチュのプロダクツを推進。ペット用のアパレル商品開発においてはイオンペットよりPB選出され、初回2万着の受注実績を得た。

③ネットワークカメラとアプリでリリースしたがマーケットは反応せず弊社へブラッシュアップの依頼。「お留守番中の犬は寝ていることが多く飼い主がイメージできない」「お留守番中でも水は飲む」そこを赤外線でキャッチし、デバイスへ送り、そこから「二段階おやつポケット」「呼びかけ」「SNSアップ」などの必要要件+アニマル工学デザインを追加・・・タレントのローラさんが購入し、番組でそのことを話し、ヒット商品に!